アルトコイン

仮想通貨Singularity Net(AGI)とは?人工知能がメンバー!?

今回はシンギュラリティネット/Singularity Net(AGI)について取り上げます!

シンギュラリティネット(AGI)はヒューマノイドのソフィアを開発した人物の1人であるベン・ゲーツェル氏がCEOのAIに関する仮想通貨です。

AIと仮想通貨という注目の技術がどう関わりあうのか気になりますね!

そんなシンギュラリティネット(AGI)について解説していきます!

シンギュラリティネット(AGI)ってなに?
  1. 世界の分散型AIネットワークを目指す
  2. AIのためのプラットフォーム
  3. 人工知能ソフィアが開発チームに!?

 

シンギュラリティネット(AGI)とは

シンギュラリティネット(AGI)は、誰でもAIサービスを作成、共有、収益化することができるようにすることを目指している仮想通貨で、通貨単位は「AGI」です。

シンギュラリティネットは、AI同士を連携させて動かすという試みを行うためのものです。現在、AI開発は様々な研究機関、企業で各々が独自に開発を進めています。それをブロックチェーンの技術を使って、お互いにコミュニケーションを取れるプラットフォームを作ることを目指しています。これによってAIが、外部のデータや機能を利用して互いに学ぶことができるようになります。

将来的にはシンギュラリティネットを用いて、ネットワークにアクセスしたり、AIを購入したりすることができるようにするみたいです。

通貨単位のAGIってなに?

仮想通貨に投資している人なら感じると思うのですが、シンギュラリティネットは通貨の名前がSingularity Netにも関わらず、通貨の単位はAGIです。

Singularity Netのどこを取ってきたらAGIになるんだ?と思ったはずです。

人工知能には、特化型人工知能(Narrow AI)汎用人工知能(AGI)があります。簡単にいうと、アルファ碁のような1つの機能に専門化したものを特化型人工知能、人間と普通に喋るようなロボットを目指しているものを汎用人工知能と呼びます。

CEOのベン・ゲーツェル氏の目標の1つが「汎用人工知能(AGI)を作ること」なので通貨単位もAGIにしたのではないでしょうか。

詳細

通貨名 シンギュラリティネット/ Singularity Net
通貨単位 AGI
公開日 2017年8月
アルゴリズム ERC20
時価総額 ¥10,237,238,121 2018年6月現在
発行上限枚数 10億AGI
取扱取引所 Binance KuCoin .etc
公式サイト https://singularitynet.io/
公式ツイッター @singularity_net
ソースコード  https://github.com/singnet
ホワイトペーパー https://public.singularitynet.io/whitepaper.pdf

 

価格チャート

今までの価格チャートについてもみてみましょう。

最高値 最安値 価格差
2018 103 12 858.33 %
2017 0 0 0 %
2016 0 0 0 %

*価格には引用サイトによって誤差があります。1つの目安として参考にしてください。

引用元 https://www.coingecko.com

 

シンギュラリティネット(AGI)の仕組み

ERC20

シンギュラリティネット(AGI)はERC20と言われるイーサリアムトークン利用しています。ERC20はイーサリアムのチェーン上で動いているトークンで、シンギュラリティネット(AGI)は現在イーサリアムのブロックチェーン技術を使っているということです。

 

シンギュラリティネット(AGI)のメリット

シンギュラリティネットが提供するプラトフォームの利用者は6つのメリットを得ます。

アクセス

AIエージェントは、より多くのデータを利用することができ、収益化にもつなげることができます。

正確性

ユーザーはより複雑性の高い情報にも取り組むことができるため、AIの正確性を高めることができます。

効率性

協調型のAIは他の全ての組織より優れた効率性をもたらします。

出現性

局所的な複数の相互作用が複雑に組織化することで、個別の要素の振る舞いからは予測できないようなシステムが構成されます。

スピード

競合相手よりも速い情報処理を可能にします。

創造性

AIは新しいデータと機能を活用して、新しい機能を動的に作成するようになります。

 

シンギュラリティネット(AGI)の注目ポイント!

チームメンバーに注目!

創業者であるベン・ゲーツェル氏は、人工知能の世界的権威でオープンコグ(open cog 人工知能のオープンソースフレームワークを構築するプロジェクト)の会長を務めています。

ヒューマノイドのソフィアもしっかりチームメンバーに入っていますね!

世界経済フォーラムに参加

シンギュラリティネットのメンバーはダボス会議(世界経済フォーラムの年次総会)に参加したことをブログで発表しました。この会議は世界各国の首脳や各界のリーダーが集まる注目の会議です。

今年のダボス会議はアメリカのトランプ大統領などG7の首脳を含めて、世界の70カ国から首脳クラスが集まりました。

こんな会議に参加できるのはシンギュラリティネットにかなりプラスに働きそうですね!

 

シンギュラリティネット(AGI)の懸念点?

規制の可能性

現在AI開発には否定的な意見もあります。世界的な物理学者のホーキング博士は

「完全な人工知能の開発は、人類の終焉を意味するかもしれない」

という言葉も残しています。また、facebookのAI同士が、人間が理解できない独自言語で会話し始めたため開発が中止になったことがあります。

もし、このプロジェクトが脅威とみなされた場合、プロジェクトが中止されたり、規制されるかもしれません。

オススメ取引所

シンギュラリティネット(AGI)を扱っている取引所でオススメなのは、バイナンス(Binance)と呼ばれる取引所です。バイナンス(Binance)では多くの種類のコインを扱っています。仮想通貨で一攫千金を目指したい方はここで誰も注目していない草コインを調べて投資するのも悪くないかも知れません!

仮想通貨取引所『バイナンス(Binance)
シンギュラリティネット(AGI)を購入するならバイナンス(Binance)がオススメです!
理由はシンギュラリティネット(AGI)の出来高の大きさと取引所の知名度です!出来高の大きい取引所は取引が活発で注文がささりやすいのでオススメです!
手数料
手軽さ
セキュリティー
知名度

公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨取引所『バイナンス(Binance)』について必ず、知っておきたいこと〜最近話題の取引所『バイナンス(Binance)』ですが、どのような取引所なのか、解説したいと思います。 アルトコインを買うなら、ぜ...

 

シンギュラリティネット(AGI)を扱っている取引所でもう1つオススメなのは、KuCoinです。

仮想通貨取引所『KuCoin
シンギュラリティネット(AGI)はKuCoinで購入できます。
手数料
手軽さ
セキュリティー
知名度

公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨取引所『KuCoin』っ安全なの?KCSトークンって何?登録方法と登録する上で最低限知っておくべきこと!今回は仮想通貨取引所『KuCoin』について紹介します! Binanceと同じく中華系の取引所で香港を拠点に、去年の9月15日に開...

 

まとめ

AIとブロックチェーンという今注目の技術を活用するシンギュラリティネット(AGI)が、どんな未来をもたらすのか注目ですね!

余裕資金で、投資することをお勧めします。

投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。