アルトコイン

仮想通貨『KCS』トークンって何?KuCoinでの取引の報酬がもらえるって本当?〜新しいアルトコインを知ろう〜

Kucoinとは、最近流行っている仮想通貨取引所のことです。

Binanceが新規登録を制限していたため、ブロガーがこぞってKucoinについて取り上げていますね。

Kucoinについてもっと知りたい人はこちらをどうぞ!

あわせて読みたい
仮想通貨取引所『KuCoin』っ安全なの?KCSトークンって何?登録方法と登録する上で最低限知っておくべきこと!今回は仮想通貨取引所『KuCoin』について紹介します! Binanceと同じく中華系の取引所で香港を拠点に、去年の9月15日に開...

今回はそのKucoinの取引所トークンであるKCSについて取り上げていきます。

最近価格が上昇していることで注目が集まっています!

KCSとは

KCSとはKucoin取引所が発行しているトークンのことです。

EthereumのERC 20トークンとして作成されています。

トークンは最近、ERC20トークンとして発行されるのが主流になっていますよね。

またトークンと言えば、国内取引所『Zaif』のZAIFトークンや『Binance』のBNBトークンが有名ですね。

では本題に戻ります。

概要

f:id:webzap:20180107093223p:plain
総発行量  

2億KCSトークン

(但し、1億トークンについてはロックアップあり・買い戻しあり)

形態 ERC20トークン
ホワイトペーパー https://assets.kucoin.com/kucoin_whitepaper_en.pdf
取引所 Kucoin

 

KCSの総量は2億トークンですが、現在1億KCSがロックアップされています。

上記の画像のFirst Phaseと、Secoin Phaseの数がロックアップされています。

そして現在流通しているのが、Third Phaseの1億トークンということです。

そしてこの制度に加えて、四半期ごとに利益の10%以上をKCSの購入にあててKCSのトークンの流通量を減らしていくとしています。

最後に最大の特徴が、毎日報酬を受け取ることができるという点です。

ロックアップ詳細

First Phaseの7000万KCSが2021年9月2日まで、Secoin Phaseの3000万KCSが2019年9月2日までロックアップされております。

このFirst Phase・Secoin Phaseは、運営チームやアドバイザー、投資家などに配られたトークンです。

もっと詳しく知りたい方はホワイトペーパーを呼んでください。

四半期ごとのKCS破棄

Kucoinプラットフォームを開設した後、少なくとも四半期ごとに純利益の10%以上がKCSの買戻しに適用されます。
買戻しによって回収されたKCSは、すぐに破棄されます。
買戻し記録は、ユーザーがブロックチェーンエクスプローラーを介して見直すことができるように、最初に公開されるものとし、プロセス全体のオープンで透明な性質を保証します。
この点については、KCSが1億トークンが破棄されるまで、私たちは引き続き努力していきます。

ホワイトペーパー・google翻訳より

KCSトークンが買い戻されることにより、流通量が減ります。

最終的に1億トークンが破棄されるまで続けると書かれていますので、将来的には1億トークンが発行総数となるでしょう。

KCSトークンによる配当報酬制度

KCSトークンの最大の魅力と言っていいのが配当制度です。

KCSトークンを保有している人に対して、KCSが取引手数料として利益をあげた内の50%が配当報酬として配布されます。

なんと不労所得が手に入るんです。

すごいですよね。

まとめ

KCSは非常に魅力的なトークンです。しかしこの1花月で40倍にもなっており高値圏である可能性が非常に高いです。

BNBのようにさらに高値を目指していくことも考えられますが、投資は自己判断でお願いします。