アルトコイン

仮想通貨エイヴァコイン(AIVA COIN)とは?日本発ICO!?

今回は日本発のプロジェクトである仮想通貨エイヴァコイン/AIVA COIN(AIVA)について取り上げます!

エイヴァコイン(AIVA)は動物愛護・保護を目的として作られたコインです。

そんな仮想通貨エイヴァコイン(AIVA)について解説していきます!

仮想通貨エイヴァコイン(AIVA)ってなに?
  1. 日本を動物殺傷処分ゼロの国に
  2. AIVA Payがプロジェクトのキー

 

エイヴァコイン(AIVA)とは

「エイヴァコイン(AIVA)」動物愛護・保護を目的として生まれたコインで、通貨単位は「AIVA」です。

Aid = 救済(英語) Eva = 命(ヘブライ語) 直訳で命を救うコインという思いが込められています。

エイヴァコインは動物保護・愛護のためのファーストステップとして、AIVA基金の設立を計画しています。基金は、全国の動物愛護団体や飼い主への直接的な援助をするみたいです。

寄付×ブロックチェーンという新しい分野での技術の利用は今後どうなるか注目ですね!

詳細

通貨名 Aid Eva Coin (エイドエヴァ)
通貨単位 AIVA
公開日 2018年6月
アルゴリズム ERC20
時価総額  –
ブロック生成速度  –
発行上限枚数 300億※
取扱取引所  –
公式サイト https://aivacoin.com
公式ツイッター @aivacoin
ソースコード  –
ホワイトペーパー https://aivacoin.com/wp-content/themes/aivacoin/whitepaper.pdf

※ ホワイトペーパーによるとバーンする事もあるのではないかと思います。

 

エイヴァコイン(AIVA)の仕組み

ERC20

エイヴァコイン(AIVA)はERC20と言われるイーサリアムトークンで開発・利用されています。ERC20はイーサリアムのチェーン上で動いているトークンで、エイヴァコイン(AIVA)は現在イーサリアムのブロックチェーン技術を使っているということです。

つまり、独自のブロックチェーンを持っていないということです。

トークンの割当

エイヴァコイン(AIVA) のロードマップ

2018年6月

webサイト公開

法人設立

2018年7月

法人設立

取引所上場

2018年後期

動物愛護団体への寄付実施

動物愛護イベント、講演会実施

2019年前期

動物愛護団体との提携実施

AIVA Pay 開発

2019年後期

スマートフォンアプリの開発

AIVA Payにて

動物愛護団体への寄付を簡単に

2020年前期

東京オリンピックへ来日の世界の人へPR(殺傷処分ゼロのAIVA理念を世界へ浸透)

2020年後期

ペット用品、トリミング業界の決済にAIVAを利用可能に(決済金額の1~5%が 自動的に寄付される仕組みを構築)

 

エイヴァコイン(AIVA)のポイント!

AIVA Pay

プロジェクトを見る限り、運営側がお金を稼ぐポイントは、AIVA Payの手数料しかないのではないかと思われます。

また、AIVA Payでは、決済金額の1〜5%が自動的に寄付される仕組みを構築する仕様を予定しており、この寄付金はエイヴァコインが負担すると考えられます。

ICOで莫大な資金を調達できればわかりませんが、エイヴァコイン(AIVA)の成功はAIVA Payにかかっていると言っても過言ではないと思います。

まとめ

日本発のエイヴァコイン(AIVA)ですが、まだまだ立ち上げ段階でこれからどうなっていくか気になります!

余裕資金で、投資することをお勧めします。

投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。