アルトコイン

仮想通貨『Waves(ウェーブス)』って何?どんな通貨なの?マイニングの方法は?〜新しいアルトコインを知ろう〜

今回は仮想通貨『Waves』について紹介します。

コインチェックがハッキングされたことで、中央集権でない取引所に注目が集まると思いWavesに目をつけたのですがそこまで注目されませんでしたね。

しかし、分散型取引所はまだまだ注目される可能性があると思うので紹介します。

Wavesとは

Wavesとは2016年にICOを行い最も大きな額を集めたICOとして注目を集めました。

最大の特徴は通貨としての機能ではなく、法定通貨とのトレードや送金機能を目的として作られたということです。

さらにイーサリアムと同様にWavesによってトークンを発行し、Wavesプラットフォーム上でICOを行える機能も備わっています。

Wavesプラットフォームとは

Waves(ウェーブス)プラットフォームにどのような特徴があるのでしょうか

Waves(ウェーブス)はScalaで書かれた独自のブロックチェーン上に構築され、カスタムトークンを主な特徴とする、いわゆる分散型の金融取引プラットフォームです。カスタムトークン、または『カスタムアプリケーショントークン(CAT – Custom Application Tokens)』は、幅広い用途に使用できます。これらは、分散型のクラウドファンディング、ならびに金銭およびデジタル通貨の譲渡取引および保管を可能にします。本質的に、カスタムトークンは、ウェーブスブロックチェーンを通じて暗号的に保護されている間に割り当てられた任意の値を表すことができます。

分散型で操作を必要としない投票システムにより、プラットフォーム上に構築されたプロジェクトは、コミュニティーとのコミュニケーションと意思決定を行うことができます。

ウェーブスのロードマップ上には評判システムがあり、その機能はネットワーク活動および他のパラメータに基づいて特定の評判スコアをアカウントに割り当てることです。

ウェーブスプラットフォームはProof of Stakeコンセンサスアルゴリズムに基づいて独自のブロックチェーンを実行しています。

ブロック時間は1分で、各ブロックの処理能力は100です。

新しいブロックを生成するプロセスは、鍛造(forging)またはステーキング(staking)と呼ばれます。

マイナーがブロックを生成するチャンスは、ステーク数と総ステークに基づいています。

簡単な例を作ってみましょう:ボブは100,000ウェーブスを鍛造しており、仕事中のウェーブスは50,000分の1です。

次のブロックを生成する彼のチャンスは、100’000 / 50’000’000 = 0.2%です。

ウェーブスの供給は100,000,000 WAVESに固定されています。

それ以上は発行されません。偽造者の報酬は、偽造ブロックに含まれる取引手数料からのみ生じます。

だからこそ、多くの企業やその結果としてユーザーがプラットフォームを使用することが不可欠です。

より多くのネットワーク参加者は、偽造者に高い報酬を与えるより多くの取引を意味します。

これは投資収益率(ROI – Return on Investment)の向上につながり、したがって市場参加者が投資するためのより強いポイントとなります。

概要

通貨名 WAVES
総発行数量 1億
アルゴリズム Proof of Stake
公開日 2016年3月5日
公式サイト  https://wavesplatform.com/
ソースコード https://github.com/wavesplatform
ホワイトペーパー https://blog.wavesplatform.com/waves-whitepaper-164dd6ca6a23

この1億トークンですがすでに全トークンが発行されており、取引手数料や送金手数料によってノードを立てている人の報酬として渡されています。

またwavesは、Lease Proof of Stake(LPoS)と呼ばれる方式を使用しており保有しているWavesを貸し出すことにより報酬を受け取ることができます。

なんかNEMと似ているなーって感じました。

マイニング方法

Wavesではマイニングではないのですが、Wavesを貸し出すことで報酬を受け取ることができます。

非常に簡単に登録することができます。

現在こちらの方の記事を参考に取り組んでいます。

実際に報酬を受け取ることができてからこちらでも紹介させてもらいます。

早くやってみたい人は、下記のサイトを参考にしてください。

仮想通貨”Waves”をマイニング(mining)する方法(翻訳記事) – ニルスの暗号通貨日記

取引所

Wavesはバイナンス(Binance)で購入することができます。

『バイナンス(Binance)』公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨取引所『バイナンス(Binance)』について必ず、知っておきたいこと〜最近話題の取引所『バイナンス(Binance)』ですが、どのような取引所なのか、解説したいと思います。 アルトコインを買うなら、ぜ...

以下に購入する手順の例を紹介します。

①Wavesを購入するにはまず国内の取引所を開設します。ex,Zaifなど

バイナンス(Binance)を開設

③国内取引所でBTCもしくはETHを購入し、バイナンス(Binance)へ送金

バイナンス(Binance)にて購入

ウォレット

Wavesプラットフォームを利用することができるアプリがすでにリリースされています。

公式サイトより確認してみましょう!!!

まとめ

Wavesはまだ時価総額が1000億円未満の仮想通貨です。(2017年2月4日)

DEXが注目されれば、自ずとWavesに注目が集まるのではないかなと考えています。

ポートフォリオの一部に入れるのもいいかもしれませんね!