取引所

仮想通貨取引所『bitbank(ビットバンク)』ってどんな取引所?手数料は?

今回はビットバンクという取引所について紹介していきます。

国内の取引所でリップルを買うならビットバンクがオススメですね!

『bitbank』公式ページ

ビットバンクの特徴

6月末まで取引手数料無料!

・国内で一番安くリップルが買える

・全て銘柄をコールドウォレットで保管している

bitbank(ビットバンク)とは

会社概要

会社名 ビットバンク株式会社
設立 2014年5月
住所 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
代表者 廣末紀之
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)

bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所で、bitbank.ccとbitbank Tradeの2つの取引所が存在します。

今回紹介するのは、bitbank.ccの方です。

取り扱い銘柄や、気になる手数料セキュリティーなどについて紹介していきます。

取り扱い銘柄は?

  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナーコイン
  • ビットコインキャッシュ

国内の取引所では珍しくライトコインリップルモナーコインの取り扱いがあります。

この3つの内どれかが欲しいなら、迷わず開設しましょう!

手数料は?

取引手数料と、出金手数料について紹介します!

これら意外の手数料はかかりませんので安心してください!

口座開設・維持も無料です!!!

取引手数料

現在、すべての銘柄で取引手数料が無料です!

この取引手数料は現在キャンペーンで無料になっていますが、キャンペーン終了後の手数料は不明ですが前回もキャンペーンは延期されていますし、今回も延期される可能性は十分あります。

板取引で手数料無料というのは滅多にありませんので、ほんとすごいですね!

尋常じゃない先行投資です!!!

日本円入出金手数料

・入金無料

・出金は、3万円以下なら540円3万円以上なら756円

となっています。どの取引所と比べても普通くらいかなって思います!

仮想通貨入出金手数料

・入金無料

・出金は通貨別の手数料

となっています。下記に通貨別の手数料を載せておきますね!

ビットコイン 0.001 BTC
(=約1000円)
ビットコインキャッシュ 0.001 BCC
(=約100円)
リップル 0.15 XRP
(=約10円)
ライトコイン 0.001 LTC
(=約10円)
イーサリアム 0.0005 ETH
(=約30円)
モナーコイン 0.001 MONA
(=約0.4円)

セキュリティーは?

ビットバンクは、セキュリティー対策をかなり積極的に行なっている取引所です。

その証に、コインチェック問題があった際に自らどのようなセキュリティー体制で管理しているのかのアナウンスなど顧客に安心と安全を感じさせる対応を取ってきました!

そのためビットバンクについての悪い評判はあまりありません。

コールドウォレット対応について

Bitbankでは全ての通貨をコールドウォレットで保管しています。

コールドウォレットとは、オフライン秘密鍵を管理することを言います。

コインチェック事件では、ホットウォレットと呼ばれるオンラインで秘密鍵を管理していたためハッキングされたとも言われています。

通常ホットウォレットで管理する方が手間がなく、管理しやすいのですがビットバンクではセキュリティーを第一に考え顧客資産の全てをコールドウォレットで管理しています。

マルチシグについて

ビットバンクでは、どのように顧客資産が管理され守られているのかを定期的に公開しています。上記の図はビットバンクのプレスリリースから引用しました。

このように非常に積極的にセキュリティー対策に取り組んでおり、安心できます。

『bitbank』公式ページ

まとめ

ビットバンクについて紹介しました!

要点まとめ

6月末まで取引手数料無料

・国内で一番安くリップルが買える

・全て銘柄をコールドウォレットで保管している

コインチェックの再開・SBIの取引所開設までにリップルを買いたい人は『bitbank』でお得に手に入れましょう!

その他おすすめの取引所

リップルのレバレッジ取引を行いたい場合は GMOコインがおすすめです!

あわせて読みたい
GMOコインってどんな取引所?手数料は?アルトコインFXが行えるの?今回は、アルトコインでのレバレッジ取引を開始した『GMOコイン』について紹介していきたいと思います。 特に、どれくらいのスプレッド...

『GMOコイン』へ