仮想通貨で困ったら仮想通貨ホットライン

仮想通貨『Tether』USDTって何?仮想通貨を語るなら知って起きたい通貨

f:id:webzap:20171116203110p:plain

 

今回はzenの海外版のような性質をもつ、Tetherについて紹介していきます。

zenの方が、後追いなんです。

 

Tetherとは

 

仮想通貨 Tether、USDTとは/法定通貨と同価値になるペッグ通貨より引用

Tether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。

よく扱われているのがUSDT(USD Tether)で、殆どの場合1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が崩れることはありません。その性質上、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもあります。

Tether(テザー)は、ビットコインのブロックチェーンを利用したトークン発行プラットフォームであるOmniのトークンの一種として発行されます。

運営母体であるTether Limitedが法定通貨の管理、そしてProof of Reserves(PoR)というシステムによって新規のTether(テザー)を発行しています。

簡単に述べると、Tether Limitedに法定通貨を預けると同額のTether(テザー)が発行され、Tether Limitedから法定通貨を引き出す時にはTether(テザー)を入金すると引き出すことが出来て、その入金したTether(テザー)は消失する、という仕組みです。

これによりデジタル版のペッグ通貨(他の通貨と価値を連動させている通貨)を実現しているため、ビットコインの価格が下落した時の逃避先や利確として用いる投資家もいます。

しかし、仮想通貨の中でも特に中央集権的であることから、中央集権者であるTether Limitedが破綻、もしくは不正をする可能性、または法定通貨を預けている銀行が破綻、ハッキングされる等の危険性があります。

また、注意点としては法定通貨と完全に値段が連動している訳ではないため、仮想通貨全体の急落の影響等により一時的に価格差が大きくなることもあります。

 

すでにzenを知っている人は、zenのドル版だと考えてもらっていいです。

 

zenを知らない人はこちらをどうぞ!

www.cryptobook.online

 

Tetherのメリット

仮想通貨とは非常に価値が安定しない通貨です。

1日で10%や20%、ある日には100%以上の値動きをする日があります。

そこで、通貨としての価値を安定させるためにある一定の価値を保証することで価格を安定させることを狙っています。

実際に、1US Dollar = 1USD Tether ぐらいの価値で推移しています。

ですので、実際の送金や取引の際に安定して使用できるとして注目されています。

日本で実験されているzenは、1円 = 1zenの保証がありますね。

価格が安定することで、仮想通貨が本来実現していた決済や送金を安定して実現できるのではないかと期待されています。

 

Tetherのデメリット

ビットコインなどの、多くの通貨は非中央集権型です。

しかしTetherの場合は、運営母体であるTether Limitedが法定通貨の管理、そしてProof of Reserves(PoR)というシステムによって新規のTether(テザー)を発行しています。

そのため、運営会社が不正を行う、潰れるなどがあった場合は価値が0になります。

このリスクがデメリットとして考えられます。

 

Tetherの取り扱い取引所

国内の取引所でTetherを扱っているところはありません。

ですので、海外の取引所を開設しなければなりません。

ここに取り扱っている取引所を紹介します。

 

オススメは、日本語対応しておりさらに本人確認なしで始められる

Binanceです。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

www.cryptobook.online

 

注目のICO『バンクエラ』

USDTは投資向けではあまりありません。なので下落局面などでUSDTに変えておき、下落が終われば USDTで買い戻すなどして活用します。

下落局面でのもう一つのオススメの資金の活用がICOです。

高値でICOに参加することで、数ヶ月や半年後に数倍なんてこともあります。

ただし、ハイリスク・ハイリターンな投資方法です。

現在行われているICOでオススメなのはバンクエラと呼ばれるプロジェクトです。

このプロジェクトが面白いのは、なんとICO期間中に配当がもらえます。

さらに、欧州議員がアドバイザーに就いていることや、実際に『 SpectroCoin

』という取引所を運営していることなど非常に期待が高いです。

このICOはどなたでも参加することができるので、ぜひ検討してほしいICOです。

 

 

下記記事でより詳しく取り上げています!

www.cryptobook.online

 

バンクエラ公式サイト

bankera.com

 

まとめ

価値の安定を目指している通貨ですので、投資向けではありませんね!

zenもそうですが、このあたりの取り組みはまだまだ発展途上でどうなるか誰も予想がつきません。

ただTetherに投資するならまだ、日本の馴染みのあるzenに投資した方が、私はいいかなと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です