仮想通貨で困ったら仮想通貨ホットライン

仮想通貨『Waves(ウェーブス)』って何?どんな通貨なの?マイニングの方法は?〜新しいアルトコインを知ろう〜

f:id:webzap:20180204110200p:plain

今回は仮想通貨『Waves』について紹介します。

コインチェックがハッキングされたことで、中央集権でない取引所に注目が集まると思いWavesに目をつけたのですがそこまで注目されませんでしたね。

しかし、分散型取引所はまだまだ注目される可能性があると思うので紹介します。

 

 

 

Wavesとは

Wavesとは2016年にICOを行い最も大きな額を集めたICOとして注目を集めました。

最大の特徴は通貨としての機能ではなく、法定通貨とのトレードや送金機能を目的として作られたということです。

さらにイーサリアムと同様にWavesによってトークンを発行し、Wavesプラットフォーム上でICOを行える機能も備わっています。

Wavesプラットフォームとは

Waves(ウェーブス)プラットフォームにどのような特徴があるのでしょうか

Wavesプラットフォーム上では、Wavesをドルやユーロのような法定通貨との交換も可能です。

例えば「円→ドル」ならWavesを仲介させることで「円→Waves→ドル」のような取引を実現することができます。

この取引情報の全てがWavesのプラットフォーム上で決定され、取引の記録はブロックチェーンに記録されます。

これにより、ドルやユーロといった法定通貨を用いてDEX(分散型取引所)上で取引することが可能になります。

Wavesはこのような機能を有することで金融取引のプラットフォームになろうとしているのです。

 

詳細

トークン名:WAVES

総発行数量:1億

公式サイト:Waves Platform

この1億トークンですがすでに全トークンが発行されており、取引手数料や送金手数料によってノードを立てている人の報酬として渡されています。

またwavesは、Lease Proof of Stake(LPoS)と呼ばれる方式を使用しており保有しているWavesを貸し出すことにより報酬を受け取ることができます。

なんかNEMと似ているなーって感じました。

 

マイニング方法

Wavesではマイニングではないのですが、Wavesを貸し出すことで報酬を受け取ることができます。

非常に簡単に登録することができます。

現在こちらの方の記事を参考に取り組んでいます。

実際に報酬を受け取ることができてからこちらでも紹介させてもらいます。

早くやってみたい人は、下記のサイトを参考にしてください。

仮想通貨”Waves”をマイニング(mining)する方法(翻訳記事) – ニルスの暗号通貨日記

 

取引所

WavesはBinanceで購入することができます。

www.cryptobook.online

以下に購入する手順の例を紹介します。

 

①Wavesを購入するにはまず国内の取引所を開設します。ex,Zaifなど

Binanceを開設

③国内取引所でBTCもしくはETHを購入し、Binanceへ送金

Binanceにて購入

ウォレット

Wavesプラットフォームを利用することができるアプリがすでにリリースされています。

公式サイトより確認してみましょう!!!

まとめ

Wavesはまだ時価総額が1000億円未満の仮想通貨です。(2017年2月4日)

DEXが注目されれば、自ずとWavesに注目が集まるのではないかなと考えています。

ポートフォリオの一部に入れるのもいいかもしれませんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles