仮想通貨

仮想通貨『Phore(PHR)』って何?どんな通貨なの?どこで買えるの?購入方法は?〜新しいアルトコインを知ろう〜

f:id:webzap:20180106111129p:plain

今回は最近注目されているPhoreについて取り上げます。

日本対応のTwitterなども登場し話題になっていますね!

すでに何倍にもなっていますが、まだまだ伸び代はあるんじゃないでしょうか?

みていきましょう!

Phore公式サイト

 

 

Phoreとは

小規模なクラウドファンティングなどの資金調達を匿名で行うことができるように開発された仮想通貨です。

モネロやZcashなどと同じ、匿名通貨の一つです。

元々は、2014年に作られたKryptoKoin(KTK)という通貨を、2017年9月にリブランドさしてPhore (PHR)となりました。

このリブランドの際に、1KTYと1PHRを交換しました。

詳細

通貨名(通貨単位):Phore(PHR)

公開日:2017年9月12日

マイニングシステム:PoS

ブロック生成速度: 60秒

発行上限枚数:11,618,802 PHR

取扱取引所:Crypto bridge,Cryptopia

公式サイト:Phore公式サイト

公式ツイッター:日本語版公式ツイッター公式ツイッター

ホワイトペーパー:ホワイトペーパー

ソースコード:Githubソースコード

PhoreではPoSを採用しています。

またマスターノードと呼ばれる ノードを10000Phore持っているとたてることができ、様々な優遇があります。

マスターノードとは、取引の承認を行うノードのことで、通常より多くの報酬を得られ、インスタント取引への参加や、予算や開発提案に関して、投票することが出来るようになります。また、ブロック報酬ももらうことが出来るようなります。

匿名送金

Phoreでは、ゼロプロトコルを使用しており匿名送金を実装しています。

ゼロコインプロトコルとは、ゼロ知識証明を使用し、送信者と受信者の間の取引情報を第三者にわからなくする技術です。

このゼロ知識証明には、zcashにも取り入れられており非常に有用な技術として注目を集めています。

ゼロ知識証明は第三者がトランザクションの詳細を知らなかったとしても、その取引に不正がないことを確認できるといった考え方で、Phoreのブロックチェーン上で送信者、受信者、取引額がわからなくなります。

Phoreのロードマップ

2018年Q1
・コードを改善するなどブロックチェーンの改善

・Web wallet とAndoroidウォレットをリリース

・マスターノードセットアップの自動化

・予算ガバナンスのウェブサイトを成立

・OpenBazaar 2.0をベースとし、Phoreを用いて購入が可能になる分散型マーケットプレイスをリリース

・デベロッパーチームの拡大

・人員採用

2018年Q2
・機能の柔軟性をもたせるためにSegwitの導入

・IOSモバイルウォレットを導入、Appの作成

・Phore財団の設立

2018年Q3
・スマートコントラクトによりDappの作成が出来るようになる

・アトミックスワップの実装

・分散化されたクラウドファンディング

2018年Q4
・スマートコントラクトの実装

・モバイルアプリの開発

・AR/VRマーケットプレイスの強化

・マーケットプレイスに企業を集める

・Phoreラボの設立

を予定しています。この予定通りに行けばすごく楽しみですね。しかし、Phoreの公式ページを見てみると、開発者が顔出ししていなかったり、PoS2.0やPoS3.0やゼロコインプロトコルに関してのホワイトペーパーはブラックコインのホワイトペーパーをそのまま乗っけていたりと少し、雑さが感じられます。

Phoreを扱っている取引所

Phoreを扱っている取引所でオススメなのは、Cryptopiaと呼ばれるニュージランドの取引所です。

Cryptopia公式サイトはこちら

www.cryptopia.co.nz

 

まとめ

Phoreはまだまだ時価総額の低い仮想通貨です。

伸び代大きくある一方、リスクも高めです。

余裕資金で、投資することをお勧めします。

投資は自己責任・自己判断でお願いいたします。