Binance

本人確認なし!〜仮想通貨取引所『Binance』について必ず、知っておきたいこと〜

 f:id:webzap:20171204082350j:plain

最近話題の取引所『Binance』ですが、どのような取引所なのか、解説したいと思います。

アルトコインを買うなら、ぜひ『Binance』を検討してくださいね!

非常に使いやすく、スムーズですよ!

 

Binance公式サイト

 

 

Binanceの特徴

日本でよく使われている海外の仮想通貨取引所といえば、Bitfinex、Bittrex、Poloniexなどが有名ですよね。

ところが、2017年7月にできたばかりなのに、1日の出来高がBittrexに次いで世界第4位まで急成長を遂げている取引所があります。

追記 現在さらなる成長を遂げ世界有数の取引所となりました。

それが『Binance』です。

本人確認なし、独自トークンを利用した手数料軽減、豊富なアルトコインの取り扱いなど非常に使い勝手が良く注目を集めています。

では、その特徴を詳しく見ていきましょう。

本人確認なし

登録にはメールアドレスのみで構いません。

名前の入力や、本人確認書類の提出などはいりません。

つまり、ほぼ匿名で仮想通貨の取引が行えます。

しかし本人確認をしなければ、

1日の出金額の制限(*取引額の制限はありません)

があります。

24時間で2BTCです。

約260万円くらいですね(2017年12月4日)

1日でこれより多くのお金をウォレット間で動かしたい人は、他の取引所の方がいいですね。

ただ、普通に投資していればあまり気にしなくて大丈夫ですね。

日本語対応

海外取引所ながら、日本語対応しています!

これがすごくいいです。

他の海外取引所や、本人確認のいらない取引所は英語で書かれています。

そのため、迷うことが非常に多く直感的に操作できません。

投資機会を逃してしまうこともあります。

しかし、Binanceは完全に日本語で表示してくれますので大丈夫です。

追記 金融庁の指導なのかわかりませんが、日本語表記がなくなっていました。その代わりに、google翻訳を選択できるボタンが追加されています。

アルトコインの取り扱いの多さ

日本の取引所に比べて、多くのアルトコインを取り扱っています。

アルトコインの投資をしたい人はぜひ、検討してください!

 

取引方法

Binance』に登録後、ビットコイン・アルトコインなどを送金してください。

海外取引所では、日本円を振り込んで取引するということがありませんのでビットコインや、アルトコインを振り込むのが一般的です。

どちらにせよ、買いたいアルトコインがある場合はビットコインが必要になりますのでビットコインを送金するのが一番いいでしょうね!

いわば、ビットコインはドルみたいな扱いですね。

仮想通貨界の基軸通貨です。

 

注意しておきたいこと

海外取引所では、日本の取引所とは違い、監査されていないところがほとんどです。

そのため、あまり長い間取引所に資産を預けることはオススメしません。

ある日突然、取引所がなくなってしまうことだって考えられるんです。

高額なお金を運用している際は、独自でウォレットを管理しましょう!
資産がある日消えたなんて、シャレになりませんよね。

 

まとめ

海外取引所では、扱っているアルトコインの量が多く魅了的です。

しかし、日本ではなく国外であるという点を常に意識しておいてください!

主要通貨であれば、日本の取引所でも扱っているのでそちらで保管するようにした方がいいですね。

自分でウォレットを管理するのは、少しレベルの高い話かもしれませんが一度検討してみてください。

オススメは、ハードウォレットですよ!
以上で、『Binance』についての記事を終わります。

 

注目ICOの紹介(番外編)

現在注目を集めているICOパトロンの紹介です。

インフルエンサー界のAirbnbを目指しているプロジェクトです。

アドバイザー陣が豪華な点・すでに上場が決まっている点などが魅力的です!

是非チェックして見てください。

 

www.cryptobook.online

 

  

くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いします。